②相続・遺産分割

【個人様からのご依頼】
②相続・遺産分割

 「子ども達が先々争い合わないよう、事業を円滑に承継できるよう、今のうちに遺言書を作成しておきたい」

 「残された遺言書の内容に納得がいかない」
 「遺産分割協議がまとまらない」
 「姉が亡くなった母親の口座から勝手に預金を引き出していたようだ」
 「亡くなった父には多額の借金があり、相続放棄の手続をとりたい」etc・・・

 身内だからこそ一度火がつけばお互いに感情的になり、長期化しやすく、解決が困難になってしまうのが遺産相続の分野です。
 そのような事態に至らないためにも、事前の適切な遺言書作成や、事後の円滑な遺産分割協議をご相談下さい。
 紛争性のある案件への対応はもちろん、紛争性のない案件も、信託銀行等よりコストをかけずに済みます。
 また、事業の承継、成年後見などの周辺分野もトータルでフォローし、税理士・司法書士といった他士業との連携で手続きをスムーズに行い、ご依頼者様に余計な時間や費用をかけさせないよう配慮しております。

改正相続法への対応!

 遺産分割・相続の分野は、遺留分制度や遺産分割前の遺産処分・預貯金払戻し制度、配偶者居住権など改正相続法の影響を大きく受けます。
 事前の対策としての遺言書の作成・保管のフォローアップは当然ですが、いざ相続が開始した後の遺産分割案件でも、旧法とは大きく異なる事件処理が求められます。

 当事務所では、随時、旧法下とは異なる改正相続法下での事件処理の注意点なども発信しておりますので、ご参考いただけますと幸いです。

 当事務所は、「ゆずりは」の名のとおり、次の世代へと、財産や事業を承継して大切な資産を紡いで参りたいと考えています。
 ご遠慮なくご相談下さい。


Copyright (C) 2019 ゆずりは綜合法律事務所. All Rights Reserved.