弁護士紹介

弁護士紹介

代表 弁護士 (兵庫県弁護士会 所属)

中野 宗一郎

Soichiro Nakano


経歴

昭和51年(1976年)生まれ
私立 大阪星光学院高等学校 卒業
平成15年
(2003年)
京都大学 法学部 卒業
平成17年
(2005年)
旧司法試験 合格
平成19年
(2007年)
司法修習(第60期 岡山修習)修了
兵庫県弁護士会 入会
神戸ブルースカイ法律事務所 勤務
平成25年
(2013年)
同事務所 パートナー経営者 就任
兵庫県弁護士会主催 弁護士対象研修講座「民事交通事故」の講師を務める(平成26年〜毎年)
平成31年
(2019年)
ゆずりは綜合法律事務所 開設

事務所紹介動画


自己紹介

 私は、これまで、損害保険分野の損害賠償実務を中心として、企業法務、労働事件、破産事件、家事事件、刑事事件等々と幅広い分野の案件を多数取り扱ってきました。
 弁護士の取り扱う民事事件や家事事件は、どこかで落とし所をみつけて互いに譲り合った上で和解解決に至ることが多く、また、それが紛争解決のスペシャリストである弁護士の担う役割といえます。

 私も、そのようなお互いに譲り合って解決する示談や和解での早期解決を目指してこれまで取り組んで参りましたが、たまたま、私が担当させて頂いた案件は、事件や事案の性質上、和解での解決ができない、0か100か、ALL or Nothingといったシビアな案件、複雑困難な案件も多かったため、ハードネゴシエーションだけでなく、緻密な論理を積み立てて勝訴判決を勝ち取る貴重な経験も数多く体験してきました。


 また、そのような事後的な対応である紛争解決だけでなく、紛争に至る前段階の予防法務として、取引契約書等に落とし穴がないかといったリーガルチェックや、従業員の不祥事対策・対応、労使トラブルの事前対策、クレーマー対策、これらのセミナーや講演会、企業各部署から意見を求められての意見書・鑑定書の作成、株主総会対応などといった様々な企業法務にも積極的に取り組んで参りました。

 リスクの把握・管理・回避が弁護士の役割の一つでもありますが、様々な経験をさせて頂く中で、リスクを告げてブレーキを掛けるばかりでは前に進まないことも痛感しました。
 ご依頼者様が真に求めているものは何か、最も重要視すべきことと捨て置くべきことは何か、取捨選択を常に念頭に置き、そのために当該リスクをどう克服するべきか、二手三手を考えて動くようになりました。


 昨今は、テクノロジーの日進月歩の進展とともにご依頼者様の法的ニーズも高度かつ多様になり、アナログ時代の法律事務だけでなく、新たな時代の弁護士像が求められている、まさに過渡期にあります。
 平成の世が終わり、新たな元号を迎える2019年に事務所を開設するにあたり、新旧混沌と相混じる現在から新たな世代を切り拓く事務所にしたいとの想いから、「ユズリハ」の名を冠させて頂きました。
 持続可能な社会の実現に向けて、弁護士として少しでも尽力できればと考えております。


当事務所を訪れて下さった方には、少しでも心を軽くして最後は笑顔でお帰り頂きたい、そのような事務所でありたいと想って日々精進致しております


Copyright (C) 2019 ゆずりは綜合法律事務所. All Rights Reserved.